株式会社 KAMUYプロジェクトホールディングス   富士宮 

記事一覧

モンブランの新作ウォッチは、競馬をルーツに持つ個性派クロノグラフ!

モンブランの新作ウォッチは、競馬をルーツに持つ個性派クロノグラフ!
ブランド N級 代引き
クロノグラフといえば経過した時間を記録できる機能。そのためクルマとの相性がよくコラボアイテムも数多く登場している。そんななか、〈モンブラン〉から登場した新作モンブラン スターレガシー ニコラ・リューセック クロノグラフ リミテッド エディション500は、なんとルーツが競馬。かつて競馬の計時のために発明された“タイムキーパー”のスタイルを積算カウンターに採り入れたもの。ユニークでクラシックなデザインのワンプッシュクロノグラフは、実に個性的でオシャレ!
ブランド N級 代引き
経過時間を計測するクロノグラフをいつだれが発明したのか? その開発競争がはじまったのは今から300年ほど前の18世紀でのヨーロッパ。なかでも、インクを使って紙の上に経過時間を記録するという独創的なアイデアを持ち、“クロノ(chrono=時間)”+“グラフ(graph=記録する)”する機械というクロノグラフのネーミングの由来となる機械を作り出したのが、19世紀初頭、フランスのパリで活躍していた時計師ニコラ・リューセック(1781〜1866)。

リューセックは1821年9月1日、パリの競馬場で自身が発明した“タイムキーパー”のテストを実施。出走した馬がゴールラインを通過するたびに、分と秒をそれぞれ記録する円い紙の上にインクを1滴落とすことで、物理的に記録されるようにしたという。

この発明をパリの科学アカデミーが高く評価し、アカデミーのメンバーが考案したのが“クロノグラフ”という名称。ニコラ・リューセックのこの機械は今では“インク・クロノグラフ”と呼ばれ、彼はその発明者として科学技術、時計の歴史に名を刻むことになった。
ブランド N級 代引き
その“タイムキーパー”のスタイルを採り入れた世界限定500本の新作は、まず文字盤にご注目を。文字盤下側、かの“タイムキーパー”にセットされた円い記録紙のように、左と右に2つのインダイヤルを配置。その間にある横長の、ブルーのインクのような色の1本の棒を指針として、それぞれ計測した秒と分を表示するという具合。う〜ん、なんともユニーク。それでいてストーリーがあるのだから、愛着も湧いてくる。
ブランド N級 代引き
文字盤のカラーは落ち着いた雰囲気のアンスラサイトカラーで、ベースにはギョーシェ装飾のひとつ、クル・ド・パリ(パリの爪)を採用。上品で高級感のある見た目に仕上げている。時分針にはホワイトのスーパールミノヴァが塗布され、暗闇での視認性を確保。6時位置には日付表示を配置。ケースはステンレス製で、文字盤と同じトーンのDLCコーティングが施されている。
ブランド N級 代引き
ストラップは、サブダイヤルにある針と同じブルーで、クル・ド・パリ模様の織地仕様。これなら週末の大人カジュアルにはぴったり。

ブランドスーパーコピー 優良店ありきたりのクロノグラフでは満足できない時計好き、あるいは競馬好きにはうってつけなアイテム。9月発売ながら限定アイテムなので、気になった人は、お早めにどうぞ!
●モンブランコンタクトセンター
TEL:0800-333-0102
URL:www.montblanc.com

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ